スカウトの確認・送り方

ブックマークに追加
PCの場合

スカウトの送り方について、問い合わせが多い内容を中心に解説しています。

スカウトの送り方

新卒の求職者へのスカウトの送り方を紹介します。

スカウトする」→「新卒スカウト」→スカウトしたい職種の「人材をスカウトする」を選ぶ。


送りたい求職者にチェックを入れて「選択した●名にメッセージ作成」を押す。

スカウトメッセージ編集画面で、求職者へのメッセージを「本文」に記入する。

ステータス」を「要アクション」「対応済み」「連絡待ち」「保留」「対象外」のどれかに変更します。

最後に「確認する」を押して、内容を確認してから「送信する」でスカウトを送ります。

・複数の求職者にチェックを入れることで、同時に送信することも可能です
・複数選んだ場合は、全員に同じメッセージが届きます
・設定したステータスは求職者には公開されません
・スカウトメッセージの送信数は、利用しているプランによって異なります

定型文の作成

スカウトする際のメッセージの定型文が作成できます。定型文は最大で20件まで登録できます。

スカウトする」→「スカウト定型文の登録・編集」→「定型文を登録する」を押す。


定型文のタイトルと文面を作成し、「登録する」を押して保存できます。

作成後は、スカウトメッセージの本文で「定型文を使用する」を選ぶと反映されます。

そのほか、「送信する」を押した後に送った文章を登録することもできます。

メモ機能

求職者に関する情報などをメモで残すことができます。

メモはの情報は公開されません。

複数の求職者を選んでいる場合は、同じメモが記載されます。

スカウト状況の確認

スカウトを送った後の状況を確認できます。

応募者管理」→「メッセージ」→「スカウト」から確認できます。

求職者から返信があった場合は「要対応」に移動します。

メッセージは何を書けばいい?

スカウト文章で何を書けばいいのか迷った場合は、下記を参考にしてみてください。

(1)スカウトしたい理由を伝える

なぜスカウトしたいのかを求職者にしっかり伝える。具体的な理由があることで、スカウトを受ける求職者の理解も深まります。

求職者の「詳細」からプロフィールを確認することで、自院とマッチしている部分などを把握しやすくなります。

(2)自院のアピールポイントを伝える

自院で働くことで得られるメリットや研修・制度、福利厚生などを伝えることで、求職者が具体的なイメージを持ちやすくなります。

スマートフォンの場合

スカウトの送り方について、問い合わせが多い内容を中心に解説しています。

スカウトの送り方

新卒の求職者へのスカウトの送り方を紹介します。

画面右上の「MENU」→「スカウトする」→「新卒スカウト」→スカウトしたい職種の「人材をスカウト」を選ぶ。


送りたい求職者にチェックを入れて「選択した●名にメッセージ作成」を押す。

スカウトメッセージ編集画面で、求職者へのメッセージを「本文」に記入する。

ステータス」を「要アクション」「対応済み」「連絡待ち」「保留」「対象外」のどれかに変更します。

最後に「確認する」を押して、内容を確認してから「送信する」でスカウトを送ります。

・複数の求職者にチェックを入れることで、同時に送信することも可能です
・複数選んだ場合は、全員に同じメッセージが届きます
・設定したステータスは求職者には公開されません
・スカウトメッセージの送信数は、利用しているプランによって異なります

定型文の作成

スカウトする際のメッセージの定型文が作成できます。定型文は最大で20件まで登録できます。

画面右上の「MENU」→「スカウトする」→「スカウト定型文の登録・編集」→「定型文を登録する」を押す。


定型文のタイトルと文面を作成し、「登録する」を押して保存できます。

作成後は、スカウトメッセージの本文で「定型文を使用する」を選ぶと反映されます。

そのほか、「送信する」を押した後に送った文章を登録することもできます。

メモ機能

求職者に関する情報などをメモで残すことができます。

メモはの情報は公開されません。

複数の求職者を選んでいる場合は、同じメモが記載されます。

スカウト状況の確認

スカウトを送った後の状況を確認できます。

画面右上の「MENU」→「応募者管理」→「メッセージ」→「スカウト」から確認できます。

求職者から返信があった場合は「要対応」に移動します。

メッセージは何を書けばいい?

スカウト文章で何を書けばいいのか迷った場合は、下記を参考にしてみてください。

(1)スカウトしたい理由を伝える

なぜスカウトしたいのかを求職者にしっかり伝える。具体的な理由があることで、スカウトを受ける求職者の理解も深まります。

求職者の「詳細」からプロフィールを確認することで、自院とマッチしている部分などを把握しやすくなります。

(2)自院のアピールポイントを伝える

自院で働くことで得られるメリットや研修・制度、福利厚生などを伝えることで、求職者が具体的なイメージを持ちやすくなります。